ドライマウス

ドライマウスとは

ドライマウスは「口腔乾燥症」とも呼ばれ、唾液の分泌量が減って口の中が乾燥することで、お口の中に様々なトラブルを引き起こします。唾液の分泌量が減ってお口の中が乾くと、粘るような不快感があり、舌がひび割れたり、舌や口の中の粘膜が傷ついたり、痛みをともなったりすることがあります。また、口臭が強くなるほか、喋りにくい、食べ物が飲み込みにくい、味がわかりにくいなど様々な支障が生じ、お口の健康だけでなく、全身の健康にも影響をおよぼす場合があります。大阪の寝屋川市・四条畷市や交野市付近でドライマウスの症状でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

ドライマウスの原因

ドライマウスの原因は様々です。加齢による口のまわりの筋肉の衰えにより、咀嚼の回数が減少して唾液の量が減る場合もあれば、ストレス、よく噛まない食生活、喫煙、歯磨きのし過ぎなどが原因で唾液の量が減る場合もあります。そのほか、飲んでいるお薬の影響・糖尿病・甲状腺・貧血などの病気の影響、気質的な要因、唾液腺の異常などによってもお口の中が乾燥することがあります。大阪の寝屋川市・四条畷市や交野市付近でお口が渇く症状をお持ちの方は、にし歯科医院までご相談ください。

ドライマウスの治療 

問診と検査により、ドライマウスの原因を明らかにします。検査の結果に基づいてカウンセリングを行い、患者様の不快な症状に対して改善をはかります。

唾液不足の危険性

ドライマウスが引き起こす様々な症状の中に、入れ歯がストレスになって口が渇き、粘膜が擦れて入れ歯と歯茎の潤滑が悪くなり、痛みが生じるといったケースがあります。唾液には抗菌作用や自浄作用など、口腔内の健康を守る働きがあります。ドライマウスで唾液の量が少なくなると、カビが増えて口腔カンジダ症による痛みや、虫歯、歯周病、口内炎などにかかりやすくなります。大阪の寝屋川市・四条畷市や交野市で少しでもドライマウスが気になる方は、お気軽ににし歯科医院までご連絡ください。

ドライマウスの検査

ドライマウスの検査は、唾液分泌検査が基本となります。安静時にどの程度の唾液分泌があるのか、また、ものを噛むなどの機能時にどの程度の唾液分泌があるのか確認し、どういうシチュエーションの時に唾液が分泌されにくいのかを検査します。

ドライマウスの治療

真性ドライマウスの場合

腫瘍、加齢による唾液腺の委縮など、機能的・器質的な異常により唾液が正常に分泌されない真性ドライマウスの場合には、投薬や他科と連携を行い症状の改善をはかります。真性ドライマウスの方は、他の全身疾患にかかっている場合が多いので、通院中の医療機関と連携が大切です。

薬の副作用によるドライマウスの場合

服用中の薬の副作用により、唾液の量が減少する場合があります。そうした場合には、通院先の医療機関の担当医と相談した上で、薬の種類を変更したり、量を減らしたりすることで改善をはかります。

ストレスによるドライマウスの場合

過度なストレスにより緊張状態が続くと、舌があまり動かなくなって唾液の量が減り、ドライマウスになる場合があります。そうした場合には、ストレスを取り除くためのアドバイスをしたり、舌を動かして唾液の分泌を促進するトレーニングを行ったりして、症状の改善をはかります。

貧血になりやすい方はドライマウスにご注意ください

貧血になりやすい方は、ドライマウスになりやすいとされています。貧血がドライマウスを引き起こすメカニズムは明らかになってはいませんが、血中の電解質の変化が関係しているのではないかと考えられています。貧血は鉄分を多く含む食品を積極的に食べるなど、食生活の改善により予防することが可能ですので、生活習慣を見直して貧血を抑えるとともに、ドライマウスの発生を防ぐようにしてください。

口臭治療ガイド 監修 にし歯科医院 TEL072-824-4180口臭治療ガイド 監修 にし歯科医院 TEL072-824-4180